海外FXとは?国内FXと比較して優れている点・メリットを解説

「海外FX」と聞く、とどういうイメージを持ちますか?

高いレバレッジを適用できる反面、国内FXと比較すると「どこかリスクが高そう」と考えを持つ人も多いのではないでしょうか?

しかし実際は投資家が万が一マイナス残高になったとしてもFX会社が負担するという「ゼロカット」という制度をはじめ、安全性や豪華なボーナスキャンペーンなど国内FXにはない魅力がたくさんあります

ここでは海外FXの魅力・国内FXと比較して優れている点、海外FXで最低限注意しておきたいポイントを解説します。

海外FX・国内FXの違い早見表

海外FX国内FX
ボーナス
あり

なし
入出金
クレジットカードを使えば入金はスムーズだが出金時の海外送金手数料は高額。bitwalletなどのオンラインウォレットを利用するのがメジャー。

国内間の資金移動のため入出金に関しては問題なし。クイック入金やリアルタイム出金を実装している業者も多く、初心者でも困ることはない。
収益性
ハイレバレッジで柔軟な資産運用が可能。

レバレッジ25倍&追証制度で拘束の多いトレード。
安全性
危険な業者も中にはあるためライセンスや口コミを見て業者を吟味する必要があり。

国内業者で金融庁に登録している業者ならまず心配する必要はない。
ロスカット・追証
ロスカットレベル&追証無し制度で借金のリスクなく安心してトレードができる。

ロスカット水準が高くすぐに強制決済されることも。また追証制度があることから借金になるリスクも。
サポート
日本人スタッフを雇い日本語サポートに力を入れている業者も多く、対応も迅速。

電話・メールサポートを24時間提供している業者もあり、心配無用。
スプレッド
最近はスプレッド競争のためかなり狭くなっている。

スプレッドはないに等しいといっていいレベル。
通貨ペア
メジャー通貨からマイナー通貨まで網羅している。

メジャー通貨に絞って提供している業者も多い。
取引銘柄
数10〜数100種類

数10種類

国内FXにはない海外FXの魅力とは?

「国産=正義」という価値観が日本では根強いです。そんな日本で「FXを始めようかな?」と考える日本人の多くは、まず「国内FX業者」を探すかと思います。あなたもそのつもりだったのではないでしょうか?

ですが実際は安全性・リスクの面から考えると「海外FX業者」のほうが圧倒的におすすめです。
その理由を下記で紹介します。

ゼロカットシステムがある

ゼロカットシステムとは「口座残高が何十万・何百万とマイナスに膨れ上がったとしても、FX業者の負担で0にリセットできるシステム」のことを言います。

つまり投資家側が「借金を背負わない」仕組みです。

資金1万円でスタートさせた場合、どんなに転んでも元手1万円以上の負債を負うことはありません。

FXでは市場に大きな影響を与える出来事やニュースが発生し、損失が大きく膨らんでしまうことがあります。こんな時、ゼロカットシステムがない国内のFX業者を使用していると「FX投資で稼ぐつもりが、借金を背負ってしまった」という事態に陥ってしまいます。ゼロカット制度がないことで多額の借金を背負ってしまった投資家は、結構な人口にのぼるかと思います。

率直に言うとこの違いがある時点で、国内FX業者を選ぶ理由はないと感じてしまうほどです。

ではどうして海外FXにはそんな美味しい制度があるかと言うと、これは「投資家は証拠金以上のリスクを負うべきでない」といった価値観が共通理解となっているためです。

今ではほとんど存在しませんが、中にはゼロカットシステムがない海外FX業者もあるので注意して下さい。

最大レバレッジが違う

「レバレッジ」とは元金以上の資金を運用できる仕組みのことを指します。

日本のFX業者を利用した場合の最大レバレッジは25倍と決まっております。
一方海外FX業者の場合は数100倍~3,000倍となっています(業者による)。

例えば資金を10万円用意した場合

  • 国内FX業者→10万円×25倍→250万円分の取引ができる
  • 海外FX業者→10万円×100~3,000倍→数1,000万~3億万円分の取引ができる

という計算になります。資金効率が圧倒的に違います。

「そんなハイレバレッジ倍率で取引をしたら危険なのでは?」と感じるかもしれませんが、最初に紹介したゼロカットシステムがあることで、我々ユーザーはリスクを最大限に抑え取引することが可能になります。。

資金効率アップ!入金ボーナスが豊富

FX業界では新規口座開設によるキャッシュボーナスが定番です。

これはスマホで言うと「ウチの機種に乗り換えしてくれたら2万円キャッシュバックします!」というお祝い金のことですね。

なぜ業界側からしたらこんな身を削ったサービスをするかと言うと、1人でも多くのユーザーが自分の業者で口座を作って取引して欲しいからです。ユーザーが増え取引回数が増えれば増えるほど、それは業者の利益に繋がります。

ここまでは国内FXに限った話です。海外FXではそれに加えて「入金ボーナス」というのが用意されています。

「入金ボーナス」とは、口座に入金する際、入金額に対して一定割合のボーナスが付与されるキャンペーンです。

例えば入金ボーナスが50%の場合。100万円を入金することによって+50万円分の追加資金を受け取ることができます。

入金ボーナスで受け取った資金は出金してキャッシュにすることはできませんが、証拠金として取引に使用することができます。軍資金が乏しい人にとっては大きな助けとなってくれます。

どうして海外FX業者はここまで大盤振る舞いにユーザーに還元するのか?それには下記の理由が存在します。

【補足】「ユーザーに勝ってほしい」が海外FX業者の考え

かなり簡単に説明すると、

  • 海外FX業者:取引手数料などの手数料だけで儲けている
  • 国内FX業者:「取引手数料などの手数料+ユーザーの取引損失額」で儲けている

といった傾向があります(あくまで傾向)。

つまり「勝ち続ける→取引を続けてくれる(ユーザーの幸せ)→結果手数料がどんどん入ってくる(会社の幸せ)」という考えがあります。

そこから先程のゼロカットシステムやボーナスなど、ユーザーがなるべくFXに取り組みやすくなるシステムを設けられています。

国内FX業者のなかには「ユーザーが負けたほうが儲かる」と考えて、ユーザーに不利なシステムを設けているところが少なくありません(スリッページなど)。

ここだけは知っておきたい!海外FX口座のデメリット

上記のメリットだけで考えれば「海外FX一択だろ!」と考えるかもしれません。

確かに海外FXは少ない資金でリスクを抑えて大きく稼げるチャンスのある投資です。

しかしここまでの魅力を持ってしてもなお、日本のトレーダーが海外FXに消極的な理由はいくつか存在します。

ここからは海外FXが現状抱えるデメリットについて紹介します。

手数料など取引コストが国内FXより割高

先ほどのメリットで述べた通り、海外FX業者は多くのユーザーに勝ってほしいと考えています。勝つユーザーが増えた方が取引も増加し、結果手数料が入ってくるからです。

そのためFX会社の収入源はトレーダーから徴収する手数料などの取引きコストになります。

FXの主な取引コストは、「取引手数料」と「スプレッド」の2種類になります。

スプレッドとは?

通貨を売る時の値段と通貨を買う時の値段の差のこと
例えば最も利用者の多い海外FX「XM」の平均的なドル円のスプレッドは「2.0pips」です。米ドルで1.0pip=0.01円(1銭)を指します。
つまり5万通貨取引すれば、50,000円×0.02の1,000円が手数料として徴収されることになります。

国内FXの場合「取引手数料無料・スプレッドは狭く原則固定」といった業者が多く、あまり取引コストがかかりません。

一方海外FXは一般的に

  1. 「取引手数料無料・スプレッドが広く変動制」
  2. 「取引手数料あり・スプレッドが狭く変動制」

という2種類の口座タイプがあります。

口座タイプによって「手数料込」「手数料別」を選択できる訳ですが、どちらにしても海外FXの取引コストは国内FXよりも割高です。

国内口座の標準的なドル円のスプレッドが「0.2〜0.2pips」程度であることを考えると、海外口座のスプレッド広めな傾向にあります。

しかし最近では、海外FXでも極限までスプレッドを小さくした口座サービスを用意するようになりました。(例えばXMの提供するXM Zeroなどは、最小0.0pips~のスプレッドを提供しています。)

ユーザー獲得のため各FX会社がしのぎを削ってスプレッドを狭くし取引コストを下げております。そのため一概に国内FXの方がスプレッドが狭くて有利、という訳ではなくなってきました。

日本語サポートが通じるとは限らない

当然ながら海外FXは海外に拠点を置く会社なので、日本企業のお客様サポートのような親切丁寧な日本語対応は期待できません。

現在ほとんどの主要海外FX業者の公式サイトは日本語化され、日本語化サポートありの会社も増えておりますが、日本人スタッフが常時在籍している業者はごく一部です。

中には外国人スタッフの翻訳ソフトによるサポートのみの会社も存在します。「入出金エラー」や「システムエラー」など大事な局面でうまくコミュニケーションが取れないことほど、イライラすることはありません。

対策として日本人スタッフが複数人在籍している業者を選ぶ、メールやチャットでやり取りをして感覚を確かめるなどがありますね。

出金に時間や手間がかかる

FXの取引ではじめた生まれた利益を出金する、期待で胸が膨らみますね。

しかし海外の銀行からの送金には、国内と比較すると時間がかかる傾向にあります。入金額が分かっていても、やはりトレーダーにとってはストレスを抱えることとなってしまいます。

そのため出金する際の手続きやかかる時間に関しては、事前に口座を登録する前に一通り頭に入れておいた方が良いです。

今でこそ出金できないと言った悪質なFX会社は減ってきていますが、それでも出金のルールが煩雑で、正規の手順を踏んでいないといった理由で出金停止にされることも考えられます。

海外FXは国内FXのような信託保全が義務化されておりません。万が一業者が破綻しても、口座資金を全額返還してもらえる保証がありません。

そのため業者選びに関しては国内FX業者以上に慎重に選択する必要がありますね。

【補足】不当な取引操作・出金拒否をする悪質業者に要注意

価格操作や取引操作・スプレッド拡大・ストップ狩りによってトレーダーが負けるように仕向けてくる業者や、不当な出金拒否をする悪質FX業者にも注意しなければなりません。

悪質業者の見分け方としては、責任逃れをしやすくするため「連絡先の非公開」「会社の実体がつかみにくい」といった特徴があります。ユーザーの正当なレビューが少ない業者も黄色信号です。

海外FX・国内FXの違いまとめ

国内FXと海外FX業者は様々な点で違いがあります。重要ポイントをまとめると以下の表のようになります。

海外FX国内FX
ボーナス
あり

なし
入出金
クレジットカードを使えば入金はスムーズだが出金時の海外送金手数料は高額。bitwalletなどのオンラインウォレットを利用するのがメジャー。

国内間の資金移動のため入出金に関しては問題なし。クイック入金やリアルタイム出金を実装している業者も多く、初心者でも困ることはない。
収益性
ハイレバレッジで柔軟な資産運用が可能。

レバレッジ25倍&追証制度で拘束の多いトレード。
安全性
危険な業者も中にはあるためライセンスや口コミを見て業者を吟味する必要があり。

国内業者で金融庁に登録している業者ならまず心配する必要はない。
ロスカット・追証
ロスカットレベル&追証無し制度で借金のリスクなく安心してトレードができる。

ロスカット水準が高くすぐに強制決済されることも。また追証制度があることから借金になるリスクも。
サポート
日本人スタッフを雇い日本語サポートに力を入れている業者も多く、対応も迅速。

電話・メールサポートを24時間提供している業者もあり、心配無用。
スプレッド
最近はスプレッド競争のためかなり狭くなっている。

スプレッドはないに等しいといっていいレベル。
通貨ペア
メジャー通貨からマイナー通貨まで網羅している。

メジャー通貨に絞って提供している業者も多い。
取引銘柄
数10〜数100種類

数10種類
>

帰国子女が教える海外FXの教科書

CTR IMG